RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

マエストロの言葉

2013.05.12 Sun

昨日はお友達の「仙人さま」宅でBBQパーティーでした。
ずっと雨降りだったけど、仙人宅のバルコニーには日よけが
張り出しているので、問題無し。

「冷蔵庫にサングリア冷やしてるから、おたまで取って」
と言われ、チルド室をあけると、こんなことに。

P1120257.jpg

冷蔵庫でサングリアを冷やすって、こういうことじゃない
気がするんだけど....。

ここ1年、オペラに魅了されている仙人様が「マエストロ」と
尊敬するイタリア人指揮者とそのご家族にも会う事ができまし
た。マエストロとご家族は、一年の半分はローマ、もう半分は
日本で暮らしていて、日本の音大でもローマの音楽院でも教え
ているマエストロはとても多忙。さらにツアーや日本各地での
オペラ公演の仕事も多く、この全てを楽しんで情熱的に取り組
む姿勢は、芸術への愛と尊敬が深くないととても保てないこと
だと思いました。

そして、マエストロの言葉。BBQパーティーでわいわいやりな
がらも、こんなに素敵な言葉がポンポン飛び出して来るのです。

「芸術を突き詰めて行く過程で、多くの道が目の前にあらわれ
る。自分を向上させ、真の芸術家となるには、常に一番困難な
道を選ばなくてはいけない。それなのに、若い世代の人々は
イタリアでも日本でも、一番楽な道ばかり選ぶ。それでは本当
に芸術を理解する事は出来ない」

「芸術家は自分が芸術を支配し、芸術を生み出すというおごり
たかぶった気持ちを持ってはいけない。芸術を信奉し、芸術に
仕える、奉仕させていただく、という気持ちを持つべきだ」

「ライバルを押しのけ、自分が一番よ!という一般的なプリマ
ドンナは、プリマではない。本当にトップに立つに値するパフ
ォーマンスをしたら、人々は喝采ではなく、感嘆のあまり沈黙
する。近寄って来るのではなく、嫉妬や畏敬の念から遠ざかっ
てゆくものだ」

「報酬のためにパフォーマンスをするのは芸術家ではない。
あと1ドル、あと1リラ、あと1円余分に欲しい、という雑念が
かならずやパフォーマンスに入り込み、芸術家としての進歩を
のぞむことができなくなってしまう」

真の芸術家、マエストロ。お父様はスカラ座で歌っていたオペ
ラ歌手で、世界的な芸術家がしょっちゅう家にご飯を食べにき
ている環境で育ったそうです。そんな彼の日本人の奥様は、懐
の深さと、細やかな心遣いで彼を支える、とても素敵な女性で
した。

そんな心あらわれる時間だったわりには、みんなの食べ散らかし
っぷりが豪快です。

P1120263.jpg

マエストロ一家がイタリアから持ってきてくれた、
コロンバ(復活祭の時に食べる菓子パン)。写ってない
けど、おいしかった

↓ 応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

イタリア菓子: ベーシックをきわめる







スポンサーサイト


Category:日記、つぶやき | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<カンジャンケジャンておいしい! | HOME | 「からすのパンやさん」に続きのお話登場!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://rubyslippers.blog45.fc2.com/tb.php/551-deb1ac80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。