RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

インカ帝国展 その2

2012.03.23 Fri
このブログを長く読んでくださっているみなさんは、
私の母と姉がともにマラソン愛好者であるとご存知かと
思います。それを前提にここから先を読んでいただけると
わかりやすいはず。

我が家は複数で美術館や博物館に行っても、基本的に入り口
で解散。出口で集合です。みんな時間をかけてみたいものが
違うし、自分のペースで進みたいので。ちょっと前までは、
解説などが日本語だけの時は時々用語や漢字がわからないので、
パーとタコは大人と組んで回りましたが、最近はそれもなし。
これは普通ですよね?

で、我が家の場合、そうすると「あがり」が早い順に
パー→甥→私→母→姉→タコ
となるのが普通。パーは興味がない所は流し読み、ちらり見で
おしまいなので早く、タコはとにかく全部をきっちり観て読ん
で、さらに空想に浸ったりもするのでとにかく遅い。

それがどうしたことか、今回は母と姉がタコより遅く、私と
子ども達が出口で遅いね~、と待つ事に。姿をみせたタコに
「タコ早い!もしかして3Dシアターの存在に気がつかなかっ
た?」などと言っていた私たちですが、タコは「いや、私全部
見たよ。でもおばあちゃんたちは、インカ道の展示の所でこの
ルートをこの日数で全部走るには駅伝システムで何人走者が
必要かとか話してた」と苦笑。インカ道はインカ帝国の海沿い
と山中をくまなく網羅した、全長地球1周分という交通網で、
キープと呼ばれる結び目(これが文字のかわりになっていた)
のある紐を持ったチャスキ(飛脚)が走って情報を伝えたの
です。「箱根駅伝のランナーと、江戸時代の飛脚の距離とか
タイムとか話してた」とタコが報告していると、姉が一人で
登場。

母は最後に「あがり」だったのですが、その間わたしたちの
間では
「きっとおばあちゃんは、前回観光で行った時は走れなかったか
ら、もう一度行ってインカ道を走ろうと思っているに違いない。
それも完走」
「でもそれって地球1周分」
「だからこそやるんだとか言いそうじゃん」
「いや、彼女の事だから『こっちの方が近道よ』と道のない方に
どんどん走って、とめようとした現地の人まで『いいからいいか
ら』と連れて行って遭難させるに違いない」
「やりそう。そして国際問題になる」
「なんでおばあちゃんまだ出てこないの?」
「ルート研究のためにインカ道の地図書き写してるんだよ」
「写メじゃない?」
「撮影禁止だもん」
などと盛り上がっていました。

やっと出て来た母に、その話をすると、「ふふふん」となんだか
含みのある反応。こわいじゃないですか!まさかほんとに?
やめてね。
「途中で遭難して死んだらどっちの政府にも迷惑かかるから。
遺体引き取りに行かないからね」
「そしたらミイラ化するから、何百年後かにまたあの辺り発掘
して、いくつもミイラをCTにかけたらなぜか日本人のDNAを持つ、
それも老婆のミイラが紛れ込んでました、ってなる」
「人類学者を混乱させるような事はやめましょう」
と、話はどんどんブラックな方向へ。

あの「ふふふん」はちょっと気になる。まあ、インカ道を走るの
はさすがにないと思いますが、この間の東京マラソン落選して
がっかりしていたぶん、近いうちに「走る系」でなにかサプライ
ズ(それも「やめて~!」系の)がありそうな予感がします。

おまけ

P1040447.jpg

ダブルチョコマフィン。このクリームがやめられない
とまらないのです。

↓ 応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Yahoo!トラベル


驚くほどに実感!富士フイルムのコラーゲンドリンク















スポンサーサイト
Category:日記、つぶやき | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。